読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘッドホンリスト

備忘録で今まで使用したことのあるヘッドホンのリストを載せて置きます。

ミドルレンジのものが多いです。ハイエンドのヘッドホンがほしい。

とりあえずもっと断捨離しようかしら。

メーカー 型番 評価 現有/売却 備考
MB QUART  QP450 9 現有 バランス化
Fostex T50RP mk3n 8.5 現有  
Hifiman HE350 8.5 現有  
ULTRASONE HFI-780 8 現有  
beyerdynamic DT770PRO 8 売却  
Audio-Technica ATH-A900 7.5 売却  
AKG K501 7.5 売却  
Sony MDR-Z900 7.5 現有  改造:ハウジング穴
ONKYO ES-FC300 7.5 現有  
JVC SZ-2000 7 売却 EQ使用→評価:8
MB QUART  QP250 7 売却  

 

巨人版ヘッドホンアンプ 一部修正

巨人版ヘッドホンアンプの信号ケーブル、ステレオジャックを変更した。信号ケーブルはBELDEN8503に、ステレオジャックは3.5mm→6.3mmに変更した。製作者のコメントでケーブルは変えた方が良いとなっていたためです。そのままでもいいかなとも少し思いましたが、念のためベルデンに変更です。精神安定剤替わりですかね。ステレオジャックは安物が付いていて接触不良が起こったため変更です。

 ケーブル変更により思いもよらず音質が変わりました。低音が控えめになりスッキリした音質になりました。低音が強すぎると思っていたので好ましい方向に変化です。ケーブルで音質がそんなに変わるわけないだろうと今まで思っていたので、考えを改めないといけないかもです。

追記

 ボリューム、RCAプラグも交換しました。ボリューム変えたけど、ノイズが出るのは直らなかったため、再度原因調査しました。接触不良が起こった時に、オペアンプが一部破損したことが分かりました。破損したオペアンプを交換したら直りました。

さらに追記

 信号ケーブルを一部オーグラインというものにした。1mで約1300円するケーブルだ。直径0.4mmは実物を手にしてみると細い。こんな細くて大丈夫かしら。せこく1mだけ買って、一部分だけ交換した。効果は高域の細かい音が聞こえるようになり若干クリアになったような?もとに戻すのも面倒なんでその程度の感想しかありません。

巨人版ヘッドホンアンプ オペアンプパラレル接続

f:id:zukinkun:20170417202009j:plain巨人版ヘッドホンアンプを某オクで手に入れた。aitendoで売ってるヘッドホンアンプキットを組み立てたものである。自分では組み立てる自信がないので、渡りに船でした。ネットでは狂人版ヘッドホンアンプキットと呼ばれているらしい。このキットはなんとOPアンプ24個パラレル接続したものである。2ch分で48個OPアンプが使われているなんとも恐ろしい回路となっている。どんな音がするのだろうかと非常に興味がわいた。ちょうど「OPアンプMUSEで作る高音質ヘッドホンアンプ」の本を買ってきたところなので丁度良かったと言うか…この筆者は検索したところ、OPアンプのパラレル接続でパワーアンプも作っている。興味のある方調べてみてください。

www.aitendo.com

肝心の音ですが、非常に良い。僕が持ってる、Nmode X-HA1より少し上に感じる。クリアーかつ低音に厚みがある。オクで安く落としたので出品者には申し訳ない。部品代以下の金額だったと思う。もしキットを作れる自信のある人は作ってみてください。おすすめです。

真空管ラインアンプ

またオーディオ熱が戻ってきたので、何かしたいと思った。以前から真空管ラインアンプが気になってたので、丁度オークションで出物があったので確保した。MUSICAL FIDELITY X10-D である。

f:id:zukinkun:20170416195658j:plain

FX-AUDIO- TUBE-01J真空管ラインアンプでもいいかと思ったけど、どうするか迷っていた。少し上のグレードだとYAQIN SD-CD3がある。どちらにしようか迷っていたところヤフオクで比較的程度が良さそうな MUSICAL FIDELITY X10-Dが出品されていたので確保してしまった。こういう色づけをするエフェクターみたいなの好きなんですよね。

肝心の音質ですが、中域が若干厚くなり、音の角が取れ、音像が中心に寄る感じになる。ボーカルものには合うようだ。デジタルアンプがアナログアンプ風になる。まだ変えたばかりなので感想はあとで更新します。

 

ついでにオーディオの構成を若干変えた。

PC→M-Audio FireWire Audiophile 

DACヤフオクで落とした自作DAC

→MUSICAL FIDELITY X10-D

→ヘッドフォンアンプ Nmode X-HA1 

→アンプ Pnasonic SA-XR10

→自作スピーカー、自作サブウーハー

になった。

 

また自作スピーカーはネットワークを少しいじった。好みの音質になって今は満足している。 下記参照してください。

zukinkun.hatenablog.com

 

消臭にプラズマクラスターって効く?やっぱオゾンか。

正月のチラシを見ていたら、車載用の消臭器が安くなっていたので買おうかどうか迷ったので、少し調べてみた。迷ったのはプラズマクラスターイオン発生器です。もともとプラズマクラスターの効果は怪しいと思っていましたが、ネットのレビューはどうかと思い見てみたら効果があると言っている人が大半でした。なんでだろうとググって見るとプラズマクラスター発生時に副次的にオゾンが発生するらしい。どうもオゾンの効果で消臭しているということが分かりました。そういえば以前使っていたsanyoの洗濯機にもオゾン発生器がついてたっけ。効果からするとプラズマクラスターは低濃度オゾン発生器と言い換えてもいいような代物のようです。

 

 ということで消臭目的でオゾンを使用しているものはないか調べてみることに。以下の商品が見つかりました。結局、乾電池式でどこでも置けるスリム デオドライザーをポチりました。トイレや冷蔵庫でも使えるようなので。

  

ところでオゾンは濃度が高いと毒性があるのでご注意を。以下にオゾン発生器の安全性について書かれた文書があったのでリンクしておきます。

国民生活センター 家庭用オゾン発生器の安全性

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20090827_1.pdf

エッセンシャルオイル

久々にアロマを焚いてみたくなったので、エッセンシャルオイルを購入した。

コスパ重視で探したところ、サプリ等で有名なiHerbで購入できるものがコスパ高いらしいことが分かった。iHerbで購入できるブランドとしては、now foods , Aura Cacia , Nature's Alchemy がある。その中では評判が高いAura Caciaのものを中心にそろえてみた。他のエッセンシャルオイルをあまり試したことがないため、いいのか悪いのかは良く分からないのが正直なところだ。

f:id:zukinkun:20161223151242j:plain

またアロマディフューザーを持っていなかったのでこれも購入した。無印良品のものが有名だか、Amazonで探したところ、それより安価で品質も良さそうなものがあったためそちらを購入した。AUKEYというメーカーのものだが、モバイルバッテリー、USBケーブル等では悪い評判はないようなので、アロマディフューザーも問題ないだろう判断した。

 

 

4Kディスプレイ

 4Kディスプレイを購入した。デジカメの画像をより高精細に見たいと思ったからだ。ちなみにFullHD(1920×1080)で約200万画素、4K(3840×2160)で約800万画素となる。最近のデジカメだと2000万画素くらいなので、FullHDの200万画素では1/10に縮小して表示していることになる。

実はiMacの4Kディスプレイを見てちょっと前から4Kディスプレイがほしいと思っていたのだ。4Kディスプレイは高価なのでしばらく待ってからと考えていたが、気づいたら4Kディスプレイも手のとごく金額になっていた。安いもので3万台で購入できる。設置スペース、値段を考慮し23.8インチのものを購入した。

 気を付けて欲しいことはPCが4K表示に対応しているか調べてから購入したほうが良いことだ。対応してない場合、ビデオカードの交換またはPC買換えが必要になる。僕の場合、4K 30fpsなら表示できたのだが(Geforce 650Ti)、60fpsで表示させたい、また4K動画でハードウェアアクセラレーションを効かせたい、ついでにFluid motionを試したい欲望が出てきたので、ビデオカードもついでにRadeon RX460に交換した。このビデオカードは4K動画のハードウェアアクセラレーションが効いて安価かつ補助電源が不要なことがポイントだ。この世代からプロセスも14nmになり電源効率も良いはずだ。Geforce より若干安いし、発色がRadeonの方が良いと言われているので動画・画像鑑賞メインの人にはお勧め。ライトゲーマーにも向くと思う。今回GeforceからRadeonに変えたが、確かに発色は変わった。Gefoeceが薄めで、Radeonの方が濃い発色と思う。

 4Kディスプレイに変えたわけだが、慣れるともう以前にFullHDには戻れないと感じる。人間の慣れは恐ろしい。

 youtubeの4K動画を試してみたが、chromeFirefoxではCPU負荷が高くハードウェアアクセラレーションが効いてないことが分かった。EdgeではCPU負荷が低く効いてるようである。調べたらChrome,FirefoxではVP9コーデックがデフォルトでこれをGPUがサポートしてないためだった。そのためこのコーデックを一般的にサポートされているH.264コーデックに切り替える必要があるらしい。切り替えはh264ifyというプラグインがあり、これを入れる。これによりVP9が利用されないようになり4K動画でハードウェアアクセラレーションが効くようになった。

 

追記12/14

Radeon RX400シリーズはハードウェア的にはVP9に対応していることが分かった。16.12.1に出たドライバでVP9デコードに対応したとリリースノートに書かれているけど、今のところ上手く動いていない。

Radeon Software Crimson ReLive Edition 16.12.1 Release Notes

  • VP9 Decode Acceleration(9): 4K 60Hz GPU-Accelerated Video Streaming enabled on supported GoogleChrome web browsers.

そのうち新しいドライバで修正され、VP9デコードも動くようになりそう。